著作権裁判関連 – Apple

Liberman, A.(1984) “The “Apple” Cases: A Comparison of the American and Australian Decisions” UNSW Law Journal, Vol.7 No.1, pp.143-159
http://www.unswlawjournal.unsw.edu.au/sites/default/files/7_liberman_1984.pdf

McKeough,J. (1984) “Case Note: Apple Computer Inc. v. Computer Edge Pty Ltd,” UNSW Law Journal, Vol.7 No.1, pp.161-172
http://www.unswlawjournal.unsw.edu.au/sites/default/files/8_mckeough_1984.pdf

Waters、L. (1988) “CIRCUIT LAYOUTS BILL 1988,” Apri 1989 COMPUTERS AND LAW NEWSLETTER,p.13
* Lesley Waters
http://www.austlii.edu.au/au/journals/ANZCompuLawJl/1989/14.pdf

Steve Jobs関連

Sheen, B.(2010) Steve Jobs, Lucent Books, 95pp
https://archive.org/details/BarbaraSheenSteveJobsPeopleInTheNews
pdf版

Intel 8080 vs Motorola MC6800 — 対応プログラミング言語ソフトウェア、発売開始時期

Howard Falk (1974) “Computers: Microcomputer software makes its debut,” IEEE Spectrum IEEE Spectrum, Octover 1974,pp.78-84, DOI: 10.1109/MSPEC.1974.6366690のp80のSome currently available microcomputer softwareの表では利用可能なCross-Assembler、Self-Assembler、Editorが下記のようになっている。

Microcomputer Systems Cross-Assembler Self-Assembler Editor
Intel
MCS-4
MCS-S
MCS-80
Written in ANSI standard Fortran IV; source deck, $1250; now used on many systems, including IBM, CDC, and Univac, Time-sharing versions now up on several commercial systems.
Offers macro and conditional assembly capabilities
Versions for MCS-8 an -80 are compatible with the cross-assemblers.
MCS-4 version is not compatible.Available only to development system users.
No charge
Editors run on MCS-8 and -80. Manipulate strings, search, and substitute.
Available only to development system users.
No charge
Motorola Semiconductor Products MC6800 Runs on Tymshare system ; macro capabilities are in development
None
None Source statemen text editor runs on GE Tymshare system
 
販売開始時期ほか
Electronics December 26, 1974, Vol. 47 No. 26 (Published December 20, 1974) pp.114-115の記事
本記事の中では、モトローラのMC6800がサンプリング出荷の段階からフル生産の状態に移行しつつあることや、少量出荷時でMC6800の価格が$360、ROMが$35、RAM(MCM6810L,128-word-by-8-bitすなわち128byte)が$30.5であることが報じられている。
Michael Holley, Motorola M6800 Microprocessor Historyで同記事をダウンロードできる。
 
Fagginの証言
“It took a year to put the 8080 into silicon and the first production run was in December 1973. Intel introduced the chip to the market in April 1974 at a price of $360. The response was so great that the first five months of shipments repaid the 8080’s development costs.”
After the 4004: the 8008 and 8080. By Federico Faggin
http://www.electronicsweekly.com/blogs/mannerisms/yarns/after-the-4004-the-8008-and-80-2008-08/

“The 8080 really created the microprocessor market. The 4004 and 8008 suggested it, but the 8080 made it real.The 8080 really created the microprocessor market.” Faggin(1992)p.150

Faggin, F. (1992) “The Birth of the Microprocessor”,Byte, March 1992, pp.145-146,148,150

当時の解説書

IntersilのIC事業関連

Junjiro Shintaku and Kotaro Kuwada (2008) “Reorganizing mature industry through technological innovation: De-maturity in watchmaking industry” in Takuji Hara, Norio Kambayashi, Noboru Matsushima (2008) Industrial Innovation in Japan, pp.101-117

コンピュータの歴史に関する文献

西野博二(1965)「電子計算機の発達」高橋茂編『ディジタル電子計算機』日刊工業新聞社,pp.331-341
本論文では、電子計算機の歴史的発達が、「四則演算の機械化」、「情報の符号化」、「計算手順の自動化」、「電子技術」という4要素の視点から下記のように捉えられている。
Nishino-1965-p331

PS4関連記事

PCやスマホといった汎用機用のCPUモジュールやGPUモジュールの高性能化にともない、ゲーム専用機の製品イノベーションにおいてゲーム専用機専用のモジュールを新規開発することで製品としての競争優位を確保することは困難になっている。
 下記にそうしたことを論じた記事を紹介する。
 
製品性能、製品アーキテクチャ、モジュール選択関連記事
  1. 西川善司(2013)「西川善司,PS4にまつわる6つの疑問に答えるそぶりをしてみる~PS4はPS4.1,PS4.2と進化する!?」4gamer.net>HARDWARE/PS4>GPU>PS4本体
    http://www.4gamer.net/games/990/G999024/20130224001/
  2. 後藤弘茂2013)「次世代ゲーム機「PlayStation 4」をSCEがニューヨークで発表」pc.watch.impress.co.jp>後藤弘茂のWeekly海外ニュース、2013/2/21
    http://pc.watch.impress.co.jp/docs/column/kaigai/20130221_588797.html
  3. 汎用デバイスの高パフォーマンス化に対する解答/PS4の中核となるJaguarコアとGCN系GPUコアほか
    本記事によれば、GPUモジュールの浮動小数点演算性能が1.84TFLOPS、チップ全体での浮動小数点演算性能は2TFLOPSなので、CPUモジュールの浮動小数点演算性能は0.16TFLOPSということになる

  4. 後藤弘茂(2013)「PlayStation 4のCPUコアはなぜ「Jaguar」なのか」pc.watch.impress.co.jp>後藤弘茂のWeekly海外ニュース、2013/2/22
    http://pc.watch.impress.co.jp/docs/column/kaigai/20130222_588869.html
  5. 後藤弘茂(2013)「PlayStation 4の技術概要がGDCで公開」pc.watch.impress.co.jp>後藤弘茂のWeekly海外ニュース、2013/3/29
    http://pc.watch.impress.co.jp/docs/column/kaigai/20130329_593760.html
  6. 後藤弘茂(2013)「PlayStation 4のAPUアーキテクチャの秘密」後藤弘茂のWeekly海外ニュース、2013/10/28
    http://pc.watch.impress.co.jp/docs/column/kaigai/20131028_621178.html
  7. 後藤弘茂(2014)「PS4のCPUコアがJaguarとなった背景にあるCPUの設計フロー」pc.watch.impress.co.jp>後藤弘茂のWeekly海外ニュース、2014/7/16
    http://pc.watch.impress.co.jp/docs/column/kaigai/20140716_658081.html
  8. Anthony, S. (2013) “Xbox One vs. PS4 vs. PC: How the hardware specs compare,” ExtremeTech > Computing, May 23, 2013
  9. Joe Devietti, Milo Martin & Amir Roth “Unit 12: Putting it All Together:The Xbox One/PS4 Game Consoles,” CIS 501: Computer Architecture, University of Pennsylvania
    https://www.cis.upenn.edu/~cis501/slides/12_xbox.pptx
 
製造コスト関連記事 — ダイサイズ、シュリンク、学習曲線効果など
 
旧世代機ほかの製造コスト関連記事

マイクロソフト裁判

谷口洋志(2000)「デジタル経済における独占問題— マイクロソフト裁判を中心に」『米国の電子商取引政策』創成社, pp.197-236

x86アーキテクチャ関連

Cnet News(2003)「25周年を迎えた、インテルのx86アーキテクチャ」Cnet Japan, 2003/06/10 15:46
http://japan.cnet.com/news/ent/20055162/
http://news.com.com/2100-1006_3-1014744.html

Krazit,Tom(緒方亮;高森郁哉,2007)「30周年を控えるx86アーキテクチャ–「愛され続ける」その理由」Cnet Japan, 2007/04/12 17:46
http://japan.cnet.com/news/commentary/20346995/
http://japan.cnet.com/news/commentary/20346995/2/
http://japan.cnet.com/news/commentary/20346995/3/

Shankland, Stephen(河部恭紀訳, 2006)「インテル、次期Itaniumではx86ハードウェアサポートを搭載せず」Cnet Japan, 2006/01/20 11:55
http://japan.cnet.com/news/ent/20094826/
http://news.com.com/2100-1006_3-6028817.html

Cnet「インテル、64bitプロセッサ戦略を早くも軌道修正」Cnet Japan, 2003/04/24 22:22
http://japan.cnet.com/news/ent/20053929/

日本のPC市場シェア1990 vs 2010

1990年の日本PC市場シェア
順位 企業名 シェア
1 NEC 51.0%
2 富士通 12.7%
3 東芝 12.5%
4 セイコーエプソン 10.0%
5 日本IBM 7.0%
6 その他 6.8%
 
 
 
2010年の日本PC市場シェア
順位 企業名 シェア
1 NEC 19.3%
2 富士通 19.0%
3 東芝 11.2%
4 デル 9.7%
5 HP 9.6%
6 その他 31.2%
 
 
 
日本のパソコンメーカーのPC世界出荷台数および市場シェア
企業名 主要ブランド名 世界出荷台数 市場シェア
東 芝 ダイナブック 1,910万台 5.2%
ソニー バイオ 877万台 2.1%
富士通 FMV 567万台 1.8%
NEC LaVie 306万台 0.9%
パナソニック レッツノート 約70万台
 
 
 
日本のパソコンメーカーのPC市場撤退時期
企業名 主要ブランド名 撤退時期
三菱電機 ペディオン 1999年4月
日立製作所 プリウス 2007年10月
シャープ メビウス 2010年10月
 
 
 
[引用元]日経産業新聞(2011)「HP、PC分離へ、国内上位勢、規模拡大急ぐ――富士通など海外強化」『日経産業新聞』2011年8月22日
[元データ]米IDC

IBM PC vs Apple II

1982年半ばにおける販売予測
Wise, Deborah (1982) “The colossus runs, not plods – how the IBM PC came to be” InfoWorld, August 23, 1982によると、「今までのところ、[IBM PCに対する]市場の反応は熱狂的である。IBMは売り上げデータを発表していないけれども、アナリストはIBM PCの累計販売台数が現在50,000台にもなっており、本年末までには全部で20万台が出荷されるであろうと予測している。一方、IDCの推定によれば、Apple IIは1981年に13万5千台が売れると考えられている。」とされている。