IBMの最初のマイクロプロセッサー IBM 801

1975年にIBMは、RISCの設計原理(RISC design principle)に基づくマイクロプロセッサーの開発を目的とした研究プロジェクトを開始した。最初は「RISCの父」と呼ばれるJohn Cockeが研究プロジェクトを指導した。

IBM5100のCPU – IBM PALM processor (Put All Logic in Microcode)

IBM5100(1975)はIBMのデスクトップコンピュータであり、そのCPUがPALMプロセッサである。PALMプロセッサはIBM5110(1978),IBM5120(1980)でも用いられている。

PALMプロセッサは1チップのCPUではなく、複数のICから構成されているカード型CPU(single-card microprocessor)である。すなわち、13個の正方形のICチップ(バイポーラゲートアレイ)、3個のTTL(Transistor-Transistor-Logic,バイポーラトランジスタ)、1個のround metal canから構成されている回路板(circuit board)である。

Roberson(1976)によれば、PALMプロセッサのマイクロ命令(microinstruction)は16ビット長で、パリティ用に追加の2ビットを持っている。64KBのメモリ空間

IBMはPALMプロセッサをmicroprocessorと呼んでいるが、これはmicrocodeを利用したマイクロプラグラム方式のプロセッサーという意味である。

カラー写真は下記にある。
http://www.classiccmp.org/dunfield/ibm5100/h/card5100.jpg

またPALMプロセッサに関する解説としては下記がある。
http://en.wikipedia.org/wiki/IBM_PALM_processor

IBM5100に関する解説およびPALMプロセッサのモノクロ写真は下記論文にある
Roberson,Dennis A. (1976) “A Microprocessor-Based Portable Computer: The IBM 5100”
 Proceedings of the IEEE, VOL. 64, NO. 6, JUNE 1976,pp.994-

IBM社のコンピュータ関連資料 — マニュアル等

IBM360,IBM5100などIBM社のさまざまなコンピュータのマニュアル等の資料を下記からダウンロードできる。
http://bitsavers.org/pdf/ibm/

なおIBMのtypewriter関連資料もダウンロードできる。
http://bitsavers.org/pdf/ibm/typewriter/