パソコンとワープロの日本国内出荷台数の推移1980-1987


  パソコン出荷台数 ワープロ出荷台数
  年度合計 累 計 合計 累 計
1980 93,774 139,264 2,500 3,500
1981 229,334 368,598 11,000 14,500
1982 683,051 1,051,649 34,774 49,274
1983 884,967 1,936,616 96,359 145,633
1984 1,195,749 3,132,365 210,620 356,253
1985 1,187,245 4,319,610 1,122,753 1,479,006
1986 1,235,939 5,555,549 2,047,070 3,526,076
1987 1,203,634 6,759,183 2,188,064 5,714,140

パソコンの出荷数値は年度ベースで,ワープロの出荷数値は暦年ベース。ともに単位は台である。

引用元は、『情報化白書1989』p.102
原資料は、(社)日本電子工業振興協会「パーソナルコンビュータに関する調査報告書」、通商産業省「機械統計年報」、(杜)日本事務機械工業会「事務機械のピジョン」、「昭和64年事務機械の需要予測」

日本のPC市場シェアの歴史的推移1988-1996

日本のPC市場シェアの歴史的推移1988-1996

  1988 1991 1992 1993 1994 1995 1996
NEC 51 52 52 49 43 40 33
富士通 14 8 8 7 9 18 22
東芝 10 9 6 6 4 4 6
Epson 10 9 7 6 5 3 n.a.
IBM 7 7 8 7 10 10 11
Apple n.a. 6 9 13 15 14 10
Compaq n.a. n.a. n.a. 2 4 3 3
その他 8 9 10 12 10 10 10

[出典]Dedrick, Jason; Kraemer, Kenneth L.(1998) Asia’s Computer Challenge: Threat or Opportunity for the United States & the World?, Oxford University Press,p.83

HDDの世界出荷シェア

2009年および2010年の世界出荷台数シェア

企業名 2009シェア 2010シェア
ウェスタン・デジタル(WD) 29.7% 31.3% 48.8%
日立グローバル・ストレージ・テクノロジー(HGST) 16.3% 17.5%
シーゲート・テクノロジー 31.5% 30.0%
東芝 13.3% 10.9%
サムスン電子 9.2% 10.3%

[出典]『日本経済新聞』2011年3月8日朝刊
[原出典]テクノ・システム・リサーチ

2010年の企業向けHDD世界出荷台数シェア

企業名 2010シェア
シーゲート・テクノロジー 63%
日立グローバル・ストレージ・テクノロジー(HGST) 24%
東芝 11%
ウェスタン・デジタル(WD) 2%

[出典]『日経産業新聞』2011年3月9日
[原出典]テクノ・システム・リサーチ

1970年代後半期におけるマイクロプロセッサー利用状況 —  ホームブリュー・コンピューター・クラブの会員が利用していたコンピュータのCPUの種別

1970年代後半期におけるマイクロプロセッサー利用状況 —  ホームブリュー・コンピューター・クラブの会員が利用していたコンピュータのCPUの種別

    下記の表に示したように1975年および1976年にホームブリュー・コンピューター・クラブの会員を対象としたアンケート調査では、8008,8080,Z80というインテル系8bitCPUの利用数が30(79%),44(63%),63(62%)というように過半数を超えていることがわかる。一方、6800,650xというモトローラ系8bitCPUの利用者数は、4(11%)、16(23%),30(30%)というように着実に割合を増やしているが、少数派となっている。
    また1976年1月7日と1976年6月9日の調査結果を比較すると、1月7日に制作中と答えた28のほとんどがインテル系8bitCPUを選択したのではないかと推測される。

      1975/
    10/15
    1976/
    1/7
    1976/
    6/9
    Intel 4004   1 1
    Intel 8008 5 7 8
    Intel 8080 25 37 53
    Motorola 6800 2 9 12
    MOS Technology 650x 2 7 18
    Zilog Z-80     2
    DEC PDP-8     4
    DEC PDP-11/20     1
    DEC LSI-11     3
    その他 4 9 1
    合計 38 71 103
    製作中   28  

    [出典]Warren, J.(1977) “Personal and Hobby Computing: an Overview,” Computer, Volume: 10 , Issue: 3, p.14
    <表のデータに関する注>1976/6/9の合計値は上記論文では101となっているが、各CPU別の値を合計した数値である103に訂正した。またホームブリュー・コンピューター・クラブでは、インテル系CPUが全体の過半数を超える割合を占めているが、Mos Technologyの事務所からさほど遠くはない場所にあったNew Jerseyの Amateur Computer Group ではMOS Technology 6502が支配的(dominant)であった(同上論文,p.14) 。

PCの1977-1980の分野別の出荷台数、平均販売価格、市場規模の歴史的推移

PCの1977-1980の分野別出荷台数シェアおよび市場規模シェアの歴史的推移

PCの1977-1980の分野別出荷台数、平均販売価格、市場規模の推移
Historic Personal Computer Market

  1977 1978 1979 1980 累計
Business          
Number of Units(1,000)  17 27 60 200 304
Average Selling Price($1,000)  1.9 2.4 1.7 1.9 1.9
End User Value ($1,000) 32 64 103 375 574
Technical          
Number of Units 4 13 30 45 92
Average Selling
Price 
4 3.8 3.3 2.7 3.1
End User Value 16 49 100 120 285
Education          
Number of Units 2 15 30 55 102
Average  Selling Price 1.5 1 uo  1.1 1.1
End User Value Hobby 3 16 30 60 109
Hobby          
Number of Units 30 100 130 148 408
Average Selling Price  1 1 1.1 0.9 1
Ead User Value 30 100 140 137 407
Home Application          
Number of Units 4 20 34 52 110
Average Selling
Price 
1 0.8 0.6 0.7 0.7
End User Value 4 16 21 38 79
Total          
Number of Units 57 175 284 500 1,016
Average Selling Price 1.4 1.4 1.4 1.5 1.4
End User Value 85 245 394 730 1,454
Discounts 18 45 75 175 313
Factory Revenues 68 200 319 575 1,141
End User Value by Region          
United States 72 190 263 405 935
Canada 4 15 24 35 78
Western Europe 8 30 70 190 298
Japan 1 7 25 75 108
Rest of World 0 3 12 25 40
  85 245 394 730 1,454

[引用元]Farner, Gary Noble (1982) A competitive Analysis of the personal computer industry,unpublished S.M. thesis (Cambridge, Mass.: MIT Alfred P. Sloan School of Management), May 1982., p.155のAppendix B
http://dspace.mit.edu/bitstream/handle/1721.1/49568/10338177.pdf
[原出典]Dataquest

上記の表では、引用元の間違いと思われる数値を下記のように修正している。
1977年のBusiness部門のAverage Selling Priceの値4.6は、台数と市場規模の値から考えて1.9の間違いと思われる。
台数(Number of Units)の累計のTotalの値1,041は、各年の台数の累計および各部門の台数の累計の値から考えて1,016の間違いと思われる。

PCの販売台数シェアおよび総販売台数の推移 1976-1982

PCの販売台数シェアおよび総販売台数の推移 1976-1982
1982年分は見積もり値

Company 1976 1978 1980 1982
MITS 25%      
IMSAI 17%      
ProcessorTechnology 8%      
RadioShack   50% 26% 18%
Commodore   12% 20% 16%
Apple   10% 19% 23%
IBM       14%
NEC       7%
Osborne       7%
Other 50% 28% 35% 15%
Total 100% 100% 100% 100%
Total Units 15,000 200,000 500,000 1,500,000

[原出典]
1976年 McGlynn,Daniel (1979) Personal Computing,Wiley Pub.,  p.29.
1978年 McGlynn,Daniel (1979) Personal Computing,Wiley Pub., p.30.
1980年 Dataquest
1982年 様々な情報源に基づく著者の見積もり 

[引用元]
Farner, Gary Noble (1982) A competitive Analysis of the personal computer industry, unpublished S.M. thesis (Cambridge, Mass.: MIT Alfred P. Sloan School of Management), May 1982., p.18のTable 3.1 PC Industry Unit Sales and Concentration

[関連参考データ]米国の主要PCメーカーの1979年および1982年の世界売上高(単位 100万ドル)

会社名 1979年 1982年
Apple 75 664
IBM  –  500
Tandy {Radio Shack) 150 466
Commodore 55 368
Hewlett-Packard NA 235
Texas Instruments  –  233
Digital Equipment Corp.(DEC)  –  200

[引用元]
International competitiveness in electronics, University of Michigan Library,p.149のTable 38.-Major U.S. Manufacturers Ranked by 1982 Worldwide Microcomputer Sales
[原出典]
1979年 ”The Datamation 100,” Datamation, June 1980, p 87
1932年 Archbold,P. (1983) “The Datamation 100 Welcome to the Club,” Datamation, June 1983, p.87

MOS TechnologyのCPU6502の初期の価格は$25で、8080,6800の$179の約1/7

6502が販売開始された当時のIntelの8080およびMotorolaの6800の販売価格は$179であった。こうした競合CPU製品に対して6502の販売価格は約1/7の$25であった。
 IntelおよびMotorolaは対抗のために価格を$79に下げた。

[出典]Ekman, S. (2008) “The 6502 Architecture” Case study TDTS10, Computer Architecture, Linköpings Tekniska Högskola
http://ftp.ida.liu.se/~TDTS10/info/casestudy/example_reports/1.pdf

4K、 1M、4M DRAMの企業別市場シェア

4K、 1M、4M DRAMの企業別市場シェア
1975 1990 1992
4K DRAM 1M DRAM 4M DRAM
Intel 46% 東芝 22% Samsung 13%
Texas Instruments 25% Samsung 14% NEC 12%
Mostek 14% NEC 10% 日立 11%
NEC 4% 三菱 10% 東芝 11%
National 3% 日立 8% 富士通 9%

[出典] Gruber,H.(1998) “Learning by Doing and Spillovers: Further Evidence for the Semiconductor Industry.” Review of Industrial Organization, Vol.13, no.6

x86アーキテクチャのCPUの市場シェア関連資料

Albrecht, D. (2005) “AMD v. Intel: American Antitrust Law in the 21st Century” Engineering Law
2005年のAMDのIntelに対する訴訟(the 2005 AMD lawsuit against Intel)を取り扱ったもの

p.9 — 「過去数年間、Intelの売上高シェアは90%以上であり、AMDのシェアは約9%に留まっている。また最近8年間の内の7年間はx86マイクロプロセッサーの売上個数シェアはIntelが少なくとも80%を確保している。」
Point 25 in AMD‟s brief explains that “According to published reports, over the past several years it [Intel] has consistently achieved more than a 90% market share as measured by revenue, while AMD‟s share has remained at approximately 9%…Intel has captured at least 80% of x86 microprocessor unit sales in seven of the last eight years.”[注94] Per American Tobacco Co. v. Unites States, 80% market share constitutes monopoly.95 The 90% revenue figure also reveals a strong grip on the market, although the tests set forth in United States v. du Pont Co. and United States v. Aluminum Co. of America do not comment on the appropriateness of measuring market share by revenue versus of units shipped. In either case, it is hard to deny that Intel‟s 80% or more share of the x86 processor market is monopolistic in character. AMD‟s brief did not specify the sources of their market data, but the factual nature of AMD‟s monopoly claim combined with the well-settled tests for monopoly will be easy to confirm or deny after a thorough discovery process.

[注94]
Black, Henry Campbell, M.A., with Nolan, Joseph R., Associate Justice, Massachusetts Supreme Judicial Court, and Nolan-Haley, Jacqueline M., Associate Clinical Professor, Fordham University School of Law. Black‟s Law Dictionary. Abridged Sixth Edition. West Publishing Company, 1991,p.10

マイクロプロセッサー関連資料 - 売上高シェア1977,1981,1890,1995

Market shares in microprocessorspercent of sales in US dollars.

米国ドル換算によるマイクロプロセッサー市場の売上高シェア1977,1981,1890,1995
         
Firms 8bit 16bit 32bit 32/64bit
(1977) (1981) (1990) (1995)
Intel 65% 70% 60% 77%
Motorola N/A 20% 21% 5%
AMD 1% 7%
Cyrix/IBM 5%
Other 10% 18% 6%
[出典] Gruber, H. (2000) “The evolution of market structure in semiconductors: the role of product standards,” Research Policy,29, p.735
[原出所] ICE

 

Market shares of generations in microprocessors and microcontrollers in 1987 and 1996percent of sales value in US dollars.

米国ドル換算によるマイクロプロセッサーおよびマイクロコントローラー市場の売上高シェア
         
  1987 1996
  Microprocessors Microcontrollers Microprocessors Microcontrollers
4-bit 0 28 0 15
8-bit 31 67 1 61
16-bit 44 5 2 24
32-bit 25   97  
Total 100 100 100 100
Microprocessors 1996の32bitの中には64-bit microprocessorsにも含まれている。
[出典]Gruber, H. (2000) “The evolution of market structure in semiconductors: the role of product standards,” Research Policy,29, p.737
[原出所]ICE