コンピュータ史関連資料(英語)

コンピュータに関する概略的歴史

Rosenberg, R.S. (1992) “Criticism and history,” in The Social Impact of Computers, Academic Press, chapter 3, pp.43–71

Weik, Martin H. (1955) A survey of domestic electronic digital computing systems. Ballistic Research Laboratories Report No. 971, Department of the Army Project No.5B0306002, Ordnance Research and Development Project No.TB3-0007, Aberdeen Proving Ground, Maryland, 272pp
https://catalog.hathitrust.org/Record/005947455

Weik, Martin H. (1957) A second survey of domestic electronic digital computing systems. Ballistic Research Laboratories Report No. 1010, Department of the Army Project No.5B0306002, Ordnance Research and Development Project No.TB3-0007, Aberdeen Proving Ground, Maryland, 439pp
https://catalog.hathitrust.org/Record/000427964

Weik, Martin H. (1961) A third survey of domestic electronic digital computing systems. Ballistic Research Laboratories Report No. 1115, Department of the Army Project No.5B03-06-002, Ordnance Management Structure Code No.5010.11.812, Aberdeen Proving Ground, Maryland, 1116pp
pp.1081-1082にTABLE XIV Approximate Cost Of Computing Systems (Basic Or Typical System)が、pp.1083-1084にTable XV Chronological Order of Initial Date of Operation of Computing Systemsがある。

Hey, T., Pápay, G. (2014) The Computing Universe: A Journey through a Revolution, Cambridge University Press

Hey, Tony(2015) The Computing Universe: A Journey through a Revolution, Date June 25, 2015
https://www.microsoft.com/en-us/research/video/the-computing-universe-a-journey-through-a-revolution/

プログラミング言語の歴史に関する文献

単行本

  1. Rosen, Saul, (ed.) (1967), Programming Systems and Languages, McGraw-Hill
  2. Sammet, Jean E.(1969), Programming Languages: History and Fundamentals, Prentice-Hall
  3. Richard L. Wexelblat (ed.) (1981) History of Programming Languages, Academic Press
  4. Thomas J. Bergin and Richard G. Gibson (eds.) (1996) History of Programming Languages, Addison Wesley

論文 — 発表年代順

  1. Sammet, Jean E.(1972), “Programming Languages: History and Future”, Communications of the ACM, 15(7), July 1972
  2. Wegner,P.(1976) “Programming Languages — The First 25 Years,” IEEE, Vol. C-25, No.12, pp.1207-1225
  3. Backus. J. (1978) “The History of FORTRAN I, II,and III,” SIGPLAN Notices, Vol. 13, No. 8,Proc. History of Programming Languages Conference, pp. 165-180
    同論文はAnnals of the HIstory of Computing, Vol. 1, No 1 (July 1979)に再録されている.

  4. Takeshita, T. (1972) “Survey of Programming Languages in Japan,” Proc. 1st USA-JAPAN Computer Conference
  5. 中田育男(1980)「プログラミング言語の歴史と展望」『情報処理』2l(5),pp.574~582(1980-5)
  6. 『情報処理』22(6)の大特集「プログラミング言語の最近の動向」
      1. 中田育男(1981)「プログラミング言語の最近の動向について」」『情報処理』22(6),pp.445-447
      2. 徳田雄洋(1981)「プログラミング言語に関する一般的参考文献」『情報処理』22(6),pp.448-451
      3. 菅忠義(1981)「FORTRAN」『情報処理』22(6),pp.452-456
      4. 今城哲二「COBOL」『情報処理』22(6),pp.457-460
      5. 川合慧(1981)「ALGOL60/ALGOL68」『情報処理』22(6),pp.461-464
      6.「PL/I」『情報処理』22(6),pp.465-468
      7.「LISP」『情報処理』22(6),pp.469-472
      8.「SNOBOL」『情報処理』22(6),pp.473-476
      9.「SIMULA」『情報処理』22(6),pp.477-482
      10.「BASIC」『情報処理』22(6),pp.483-487
      11.「APL」『情報処理』22(6),pp.488-492
      12.「PASCAL」『情報処理』22(6),pp.493-496
      13.「ADA」『情報処理』22(6),pp.497-500
      14.「マイクロコンピュータ用言語」『情報処理』22(6),pp.501-504
      15.「マクロ言語」『情報処理』22(6),pp.505-509
      16.「システム記述言語」『情報処理』22(6),pp.510-514
      17.「仕様記述言語」『情報処理』22(6),pp.515-519
      18.「テストプログラム記述言語」『情報処理』22(6),pp.520-524
      19.「抽象データ型言語」『情報処理』22(6),pp.525-530
      20.「並列処理言語」『情報処理』22(6),pp.531-534
      21.「人工知能用言語」『情報処理』22(6),pp.535-539
      22.「シミュレーション言語」『情報処理』22(6),pp.540-544
      23.「事務処理用簡易言語」『情報処理』22(6),pp.545-549
      24.「エンドユーザ用言語」『情報処理』22(6),pp.550-554
      25.「データベース用言語」『情報処理』22(6),pp.555-558
      26.「文書整形言語」『情報処理』22(6),pp.559-564
      27.「数式処理言語」『情報処理』22(6),pp.565-569
      28.「ハードウェア記述言語」『情報処理』22(6),pp.570-573
      29.「数値制御用言語」『情報処理』22(6),pp.574-578
      30.「プロセス制御用言語」『情報処理』22(6),pp.579-582
      31.「関数型言語」『情報処理』22(6),pp.583-587
      32.「述語論理型言語」『情報処理』22(6),pp.588-591
      33.「言語設計プロジェクト」『情報処理』22(6),pp.592-595
  7. 高橋秀俊(1983)『情報科学の歩み』岩波書店の第5章「ソフトウェアという機械」中田育男(1987)
  8. 「FORTRANコンパイラの開発」『コンピュータソフトウェア』 4(1), pp.53-61, 1987-01-14
  9. 渡邊担、藤波順久、中田育男(1999)「コンパイラ研究の動向について」『コンピュータソフトウェア』16(2), pp.175-178, 1999-03-15
 

WEB記事

  1. gigazine.net(2014)「誕生から50年を迎えたプログラム言語BASICの歴史、その精神とは」2014年05月01日

Babbage関連文献

Babbageの著作

  1. Ada, A.(1843) “Note A”  in Richard Taylor ed. (1843) Scientific memoirs, selected from the transactions of foreign academies of science and learned societies, and from foreign journals, Richard and John E. Taylor,Vol.3,pp.691-701
    • 解析機関に関するイタリアでのバベッジの講演についてFederico Luigi Conte di Menabreaが書いた記録の英訳Menabrea, L. F. “Sketch of The Analytical Engine Invented by Charles Babbage”, in Richard Taylor ed. (1843) Scientific memoirs, selected from the transactions of foreign academies of science and learned societies, and from foreign journals, Richard and John E. Taylor,Vol.3,pp.666-690に対して、Augusta Ada King, Countess of Lovelace (1815–1852)が付した注である。
       このNote Aの中のp.696でAdaが解析機関について、“the Analytical Engine weaves algebraical patterns just as the Jacquard-loom weaves flowers and leaves”という有名な文章を書き記している。
      なおGoogleブックスよりpdfファイルとして全文ダウンロード可能である。
  2. Babbage,C. (1864) Passages From the Life of a Philosopher, Longman, Green, Longman, Roberts, and Green

参考文献

  1. Bromley, Allan G. (1982) “Charles Babbage’s Analytical Engine, 1838,” IEEE Annals of the History of Computing, Vol.4 No.3, pp.196-217
    • 同雑誌のVol.20 No.4, pp.29-45に再録されている
  2. Bromley, Allan G. (1987) “The Evolution of Babbage’s Calculating Engines,” IEEE Annals of the History of Computing, Vol.9 No.2, pp.113-136
  3. Collier, Bruce and James MacLachlan (1998) Charles Babbage: And the Engines of Perfection, (Oxford Portraits in Science),Oxford U.P.,128pp
    [邦訳:ブルース・コリアー(須田康子訳,2009)『チャールズ・バベッジ ― コンピュータ時代の開拓者』 (オックスフォード科学の肖像)大月書店,169pp]
  4. Swade, Doron D.(2005) “The Construction of Charles Babbage’s Difference Engine No. 2,” IEEE Annals of the History of Computing, pp.70-88
  5. Bromley, Allan G. (2006) The Mechanism of Charles Babbage’s Analytical Engine circa 1838, Basser Department of Computer Science, University of Sydney
      http://www.it.usyd.edu.au/research/tr/tr166.pdfよりダウンロード可能
  6. 新戸雅章(1996)『バベッジのコンピュータ』(ちくまプリマーブックス) 筑摩書房,222pp
      第1章 よみがえるバベッジ/第2章 ケンブリッジの発明家/第3章 階差エンジン/第4章 大陸旅行と階差エンジンの挫折/第5章 改革の日々/第6章 解析エンジンと「エンジンの女王」の物語/第7章 晩年の発明家

コンピュータ史関連資料論文(日本)

電子計算機の歴史

コンピュータに関する個別的歴史研究
高橋茂,浦城恒雄「日立のHITAC 2010」『情報処理』43(2), pp.108-110
http://157.1.40.181/lognavi?name=nels&lang=jp&type=pdf&id=ART0003060793
『情報処理』43(2)の特集「知られざる計算機」の中の一論文
城憲三・牧之内三郎・安井裕(1972)「真空管式ディジタル計算機試作の思い出」『bit』第4巻第2号
池元有一(2003)「日本のコンピュータ産業の発展過程 — 1960年代, 事務用小型機を中心に」『社會科學研究』(東京大学社会科学研究所)、54(4),pp.3-32
コンピュータに関する開発史的研究
コンピュータ企業の社史
日本IBM編(1988)『日本アイ・ビー・エム50年史』
日本ユニバック編(1988)『日本ユニバック30年のあゆみ』
富士通編(1977)『富士通社史』

コンピュータに関する産業史および経営史的研究
青木洋(1994)「日本におけるコンビュータの産業化:研究者・技術者の活動を中心に」『研究年報経済学』東北大学,第56巻 第l号
臼井健治(1986)『日本のコンピューター開発群像』日刊工業新聞社
立石泰則(1993)『覇者の誤算:日米コンピュータ戦争の40年』日本経済新聞社
中川靖造(1990)『NTT技術水脈:巨大実用化研究所に賭けた男達』東洋経済新報社
中村清司(1992)「産業政策とコンピュータ産業」森川英正編『ビジネスマンのための戦後経営史入門』日本経済新聞社
中村清司(1995)「コンピュータ産業:汎用機の国際競争力」武田晴人編『日本産業発展のダイナミズム』東京大学出版会松尾博志(1987)『スーパー頭脳集団・電総研』コンビュータ・エージ杜
宮崎晋生(2007)「日本の汎用電子計算機産業における技術提携の意義 : 産業発展・技術進化の社会的構築性」一橋大学学位論文: 博士(商学)

コンピュータ政策史
米倉誠一郎、島本実「競争と計画の調整 揺籃期コンピューター産業と通産官僚」伊丹敬之、加護野忠男、宮本又郎、米倉誠一郎編『ケースブック 日本企業の経営行動1』有斐閣、1998年
宮崎晋生(2008)「日本における電子計算機産業政策での政策決定プロセス」『国際関係・比較文化研究』静岡県立大学, 第6巻 第2号, pp.113-132
http://usr.u-shizuoka-ken.ac.jp/kn/AA11845283200803001060.pdf