1970年代前半期のmicrocomputerの広告等における性能・機能の「誇張」表現問題

1970年代前半期にはmicrocomputerに関する広告やマニュアルでは、下記のようにmicrocomputer製品の機能・性能がminicomputerと匹敵するかのように論じられているが、これはmicrocomputerやPersonal computerが製品カテゴリーとして認知されてはいないために最も近い既存製品カテゴリーに位置づけたことや、製品拡販のために一定の「誇張」表現を必要としたことによるものである。

1)R2E(Réalisation d’Études Électroniques)のMIcral(1973)
Micralは「極めて低コストであることを主要な特徴とする、初めての新世代ミニコンピュータである」(Réalisation d’Études Électroniques(1974) Micral Users Manual, p.76)とか、「普通のミニコンピュータが目的としない」プロセス制御がMicralの主要用途である(ibid.,p.66)とされている。
Réalisation d’Études Électroniques(1974) Micral Users Manual
http://bitsavers.org/pdf/r2e/MICRAL_N_Users_Manual_Jan74.pdf

2) MITSのAltair8800(1975)
MITSのAltair8800に関して、Popular Electronicsの1975年1月号表紙におけるキャッチコピーは 「商用モデルと競う、世界最初のミニコンピューターキット」(World’s first minicomputer kit to rival commercial models – the Altair 8800)、「これまでになされた中で最も強力なミニコンピューター・プロジェクト」(The most powerful minicomputer project ever presented – can be built for under $400)というものであり、Altair8800をminicomputerとするような記述がなされている。
 またRoberts, H. Edward and William Yates (1975) “Exclusive! Altair 8800: the Most Powerful Minicomputer Project Ever Presented-Can be Built for Under $400,” Popular Electronics, January 1975, p.34においては、「[Altair]8800で使用されているCPUのインテル8080というLSIチップは、・・・現在の商用ミニコンピューターとその性能を競うミニコンピュータを創る役に立っている」(The CPU used in the 8800 computer, the Intel 8080 LSI chip, is relatively expensive in quantities of one. It was selected, however, because it serves to create a minicomputer whose performance competes with current commercial minicomputers)と言うように主張されている。
 なお同論文のp.33ではAltair8800で使用されているインテルのCPU8080の「基本命令語は78語であり、通常のミニコンピューターの40語よりも多い」( It has 78 basic machine instructions ( as compared with 40 in the usual minicomputer)).とも書かれてている。

「最初のmicrocomputer あるいは、最初のPCは何か?」という問題

「最初のマイクロコンピュータ(microcomputer) あるいは、最初のPCは何か?」という問題に対しては様々な見解がある。というのもその問題は「マイクロコンピュータ(microcomputer)とは何であるのか?」とか、「PCとは何であるのか?」という定義も問題であり、論理的には様々な定義が可能だからである。

Fagginの見解
Faggin,F. (1984) “Interview : Federico Faggin,” Computerworld, July 30 1984,p.6の見解

    最初にマイクロコンピュータをつくった企業はフランスの会社RPEである。その後、IMSAIやMITSといった他の会社が探し求めていた製品を導入した。それらの会社が、原始的なOSを備えた小さな、本来的なマイクロコンピュータを造り上げたのである。/[ただし]その市場は主としてホビイストのためのものであり、強力なソフトウェアはまだ存在していなかった。(The first company to produce a microcomputer was a French company, RPE. Then other companies like [lmsai. Inc.] and Mits introduced products that were solutions looking for a problem. They produced small, generic microcomputers with primitive operating systems./The market was primarily for hobbyists, and powerful software was nonexistent.)

Fagginが挙げているフランスの会社RPEは、R2E (Réalisation d’Études Électroniques)の間違いかと思われる。R2Eは、Intelの8008を用いたMicralを1973年に発売している。Micralはマイクロプロセッサーを用いた世界最初の商用コンピュータの一つとされている。

Intelが開発した二つの異なるMicro Computer System (MCS)
低コストを強調したの MCS-4(November 1971) , 汎用性(versatility)を強調したMCS-8(April 1972)
それらは二つの極めて異なる市場(two very different markets)をターゲットとしており、片方は低価格の制御装置(controller)市場を、もう一方は汎用パーソナル・コンピュータ(a versatile personal computer , PC)市場をターゲットとしている、というように、Mazor, Stanley (1995) “The History of the Microcomputer — Invention and Evolution” Proceedings of the IEEE, Vol. 83, No. 12 (DECEMBER 1995)は主張している。

Altair関連資料

Altairを核とするPCシステム

MITS(1975) Altair8800 Theory of Operation Manual & Schematics
http://www.classiccmp.org/dunfield/altair/d/88theory.pdf

MITS(1975) Christmas Catalog
http://tech-insider.org/personal-computers/research/acrobat/7512-a.pdf

MITS(1977) MITS brochuew
http://www.vintagecomputer.net/MITS/MITS_Brochure_1977.pdf

http://www.vintagecomputer.net/MITS/

http://www.s100computers.com/Hardware%20Manuals/MITS/TurnKey%20Board.pdf

Altair8800に関するPopular Electronics Magazineの1975年1月号および2月号における記事
Altair8800に関するPopular Electronics Magazineの1975年1月号および2月号における表紙、目次、記事、広告を下記Webで見ることができる。
http://www.vintagecomputer.net/altair-poptronics.cfm

有名な記事のRoberts,H. Edward and William Yates(1975) “Exclusive! Altair 8800: the Most Powerful Minicomputer Project Ever Presented-Can be Built for Under $400,” Popular Electronics ,January 1975,pp.33-38をjpegファイルとして全文ダウンロードできる

 
Mims, F.M. (1984) “The Altair story; early days at MITS,” Crative Computing, 10(11),November 1984, pp.17-27

https://ia801602.us.archive.org/8/items/creativecomputing-1984-11/Creative_Computing_v10_n11_1984_Nov.pdf
http://www.atarimagazines.com/creative/v10n11/17_The_Altair_story_early_d.php

著者のForrest M. Mims III. は、S-100バスが革命的意義を持っていたとし、”The open Altair bus paved the way for a microcomputer revolution.”(p.27)と書いている。
 
 
Altair8800Bを利用したビジネス用コンピュータ・システムMITS/300に関するComputerworldの1978年1月23日号、p556の記事”Pertec Builds Business Systems Around Mits/Altair 8800B Micro”
本記事は、a microcomputer-based integrated business system, a complete hardware andsoftware systemとして、CRT、プリンター、、外部記憶装置といったハードウェアと、文書作成、在庫管理、会計処理などの機能を持ったパッケージ・ソフトからなるシステム製品MITS 300をPertecが発表したことを伝えている。
 HDD標準装備のMITS 300/55が$15,950、2台のFDD標準装備のMITS 300/25が$11,450、パッケージ・ソフトは別売りで$4,000となっている。

Ed Robertsへのインタビューに基づく本記事によれば、Altair8800の製品のCPU選択検討時には、6800は選択の対象となっていなかった。
選択できたのは、8080,8008, 4004, the IMP·8 and the IMP-16であった。

Ed Roberts interview in Historically Brewed magazine, issue #9
http://www.virtualaltair.com/virtualaltair.com/mits0011.asp

Roberts decided on the Intel 8080 chip for his project, rejecting the older 8008 and new Motorola 6800. He was able to get an excellent deal on the chip in volume – $75 a piece for a $360 chip!

http://www.digibarn.com/stories/MITS/mholley-images/Ed_Roberts_Oct_1984_ME.pdf