Intelの歴史関連資料

1.インテル・ミュージアム(日本語版)
2005年2月4日版
http://web.archive.org/web/20050204194400/http://www.intel.co.jp/jp/intel/museum/index.htm

インテルの歴史に関連する下記資料が収録されている。

「マイクロプロセッサの歴史」
 
「インテルの歩み」
 

インテルマイクロプロセッサ誕生25周年を記念して製作された、インテルの歴史的事項に関わる「著名人へのインタビュー(Interviews)」の日本語版や、「インタラクティブ・ヒストリー(http://www.intel.co.jp/jp/intel/museum/iwh/iwh_main.htm)は2002.10.20現在では残念なことに見ることができない。

このサイトは下記のようなデータから構成されている。

インテルの社史 Corporate Anniversary Brochures
下記のようなインテルの社史をダウンロードすることができる。
15年史 Intel(1988) A Revolution in Progress
20年史 Intel(1993) Intel: Architect of the Microcomputer Revolution
25年史 Intel(1998) Defining Intel: 25 Years / 25 Events
35年史 Intel(2003) Intel: 35 Years of Innovation

Gordon Moore、Robert Noyce、Ted Hoff、Groveらの写真、4004関連の様々な写真、ビジコンの計算機の写真などの歴史的文書をダウンロードすることができる。

1971年の4004から2003年のPentium M までのインテルの主要なマイクロプロセッサーに関する簡単な紹介。一部について大きな画像がある。

インテルのマイクロプロセッサーをファミリー別に分けて、クロック速度、発表日、トランジスタ数、キャッシュメモリ量、対応可能メモリ量、バス速度などの一覧をダウンロードすることができる。
発表日順のマイクロプロセッサー一覧は、http://www.intel.com/pressroom/kits/quickrefyr.htmでダウンロードすることができる。

ムーアの法則に関する様々な文書をダウンロードすることができる。

最初の製品 64-bit Bipolar RAM「3101」(1969年1月1日)からはじめて、 2005年6月27日の Intel Celeron D processor 351まで全部で102ページの一覧表になっている。各製品には簡単なコメントが付されている。

下記のように、インテル社の社員および幹部の証言を見ることができる。
Andy Grove
Ted Hoff
Gordon Moore(1983.10.17
2002.1.31
Robert Noyce(インテル時代Sematech時代

NECとIntelの8086のマイクロプロセッサーの著作権をめぐる訴訟

Contreras,Jorge, Laura Handley and Terrence Yang (1990) “NEC v. INTEL : Breaking New Ground in the Law of Copyright,” Harvard Journal of Law & Technology, Volume 3, Spring Issue, 1990
http://jolt.law.harvard.edu/articles/pdf/v03/03HarvJLTech209.pdf
マイクロプロセッサーのマイクロコードの著作権をめぐるNECとIntelの裁判における1989年の判決 NEC Corp. & NEC Electronics, Inc. v. Intel Corp., No. C-84-20799, 1989 WL 67434に関する論文。
同論文によると、 それ以前の判決 NEC Corp. v. Intel Corp., 645 F. Supp. 590 (N.D. Cal. 1986)は、判決を下した地裁判事がインテルの株式を所有していたことが判明したため無効となった。[NEC Corp. v. U.S. Dist. for N. Dist. Cal., 835 F.2d 1546 (9th Cir. 1988)]

同論文によると、判決の主要内容は下記の3点である。
1) インテルのマイクロプロセッサーのROMの中に埋め込まれているマイクロコードは著作権保護の対象となること
2) マイクロコードに関するリバースエンジニアリングはマイクロコードの著作権を侵害するものではないこと
3) 類似のマイクロコードを「クリーンルーム」で独立に開発した場合には著作権侵害を犯していないことの説得的証拠となること

インテルの社史

インテルの社史をインテル社の下記Webサイトからダウンロードすることができる。

http://www.intel.com/about/companyinfo/museum/archives/anniversary.htm

インテルの15年史
A Revolution in Progress (1968-1983)
印刷用PDF

インテルの20年史
Intel: Architect of the Microcomputer Revolution (1968-1988)
印刷用PDF

インテルの20年史
Defining Intel: 25 Years/25 Events (1968-1993)
印刷用PDF

インテルの35年史
Intel: 35 Years of Innovation (1968?2003)
印刷用PDF

Intel 4004

Intel 4004関連論文
■学術的記事
Faggin, F., and M. Hoff (1972) “Standard Parts arid Custom Design Merge in Four-Chip Processor Kit,” Electronics, Apr. 24, 1972, pp. 112 116.
本資料では4004のターゲットが、速度が主要なファクターではない製品領域で、コスト及びサイズの最小化を図る新しい応用にあることが記されている(This set of components is not designed to compete with the minicomputer, but rather to extend the concept of the dedicated computer into new applications where the minimization of cost and size are very important, but where speed is not a major factor.)
 
本資料のpp.18-19でFagginは、「インテルが4004の設計のためにFagginを雇う2,3週間前に、Hal FeeneyがCTCの8ビットマイクロプロセッサの仕事のためにインテルに加わっていた。FeeneyはMazorやCTCと一緒に、[8ビットマイクロプロセッサ]チップのspecificationを完成させ、CTCのアーキテクチャをsiliconにimplementationするために必要な修正を行う仕事に携わった。」ことを挙げて、インテルが8008が最初のマイクロプロセッサになる可能性があった、としている。
 しかし実際には、CTCの財政上の問題でCTCのプロジェクトはすぐに「休眠」(dormant)状態となり、Feeneyは別なプロジェクトに回されたため、4004に先を越された、としている。
 なお1971年1月に同プロジェクトが再開された時には、4004の開発経験で培われたa proven design methodologyが8008の開発に役立った、とされている。(The designers’ recent experience with the 4004 provided a proven design methodology that paved the way for the 8008. )
 Feeneyが8008の詳細設計をおこない、1972年3月に動作するチップができた、とされている。
 

Faggin, F. ‎(2009) “The Making of the First Microprocessor: The Intel 4004 CPU-on-a-chip was developed under pressure on an extremely tight schedule – and it worked,” IEEE Solid-State Circuits Magazine, Winter 2009
http://ieeexplore.ieee.org/stamp/stamp.jsp?arnumber=4776530

 
「LSIデバイスの低コスト化のためには、初期コストを無視できるようにするほどの大量生産が必要である。初期コストとしては、設計作業、バグ取り作業、動作テスト作業、新製品に対する学習曲線などが含まれる」(To obtain low cost LSI devices, production must reach sufficient volumes to make the start-up costs insignificant. These start-up costs include design and debugging, generation of test procedures, paperwork for production control, and the manufacturer’s learning curve for a new product.)
 
■雑誌記事
 
Intel 4004 – 35th Anniversary Project