モトローラのCPU歴史関連

Michael HolleyがM6800の起源を研究する中で見つけた、モトローラのM6800およびモステクノロジーのMCS6502に関連する論文資料が紹介されている。
その中では、モトローラのMC6800がサンプリング出荷の段階からフル生産の状態に移行しつつあることや、少量出荷時でMC6800の価格が$360、ROMが$35、RAM(MCM6810L,128-word-by-8-bitすなわち128byte)が$30.5であることを報じたElectronics December 26, 1974, Vol. 47 No. 26 (Published December 20, 1974) pp.114-115などの記事をダウンロードできる。
 
安田寿明「モトローラCPUの歩み」『THE COMPUTER』1988年8月号,p66
 
http://techon.nikkeibp.co.jp/article/FEATURE/20141212/394137/
『日経WinPC』2010年8月号に掲載された連載「CPU今昔物語」を再掲したもの
 
3011年7月4日から同年10月30日にかけて、蝉の輪会(日立半導体OB をメンバーとする任意団体)のホームページに掲載された記事をベースとして加筆訂正されたもの。
同記事によれば、1974年10月の時点で「インテルはこの年の6月にすでに8080を製品化しており、モトローラは6800の製品発表を間近にしていた。」という状況であり、2014年10月11日のモトローラ訪問時に同社のマイコン部門のマーケティング担当のコメッツ氏により「すでに200社以上の顧客にサンプルが出されて好評を得ているとのことである。現時点ではインテルの8080がシェアを独占しているが、6800は「5ボルト単一電源」の特長があって使いやすく、2年後の76年時点では50%の市場シェアを取れると確信しているとのこと。また、セカンド・ソースを持つことによって顧客に安心感を与え、インテル陣営に対抗したいとのことで、日立がセカンド・ソースになることを歓迎する」との説明を受けたとしている。
同記事によれば、日立では「8ビット・マイコンについてはシステム・アーキテクチャの設計が最重要であり、デバイス・プロセス技術者を主体とする半導体事業部のリソースのみで取り組むことは難しいと判断していた。中研のシステム部門の助けを借りることにして、72年下期から「依頼研究」の形でオリジナル品の検討が進められた。」が、マイクロプロセッサ事業の立ち上げが急務であるとの認識から、8ビット・マイクロプロセッサ製品に関しては「独自開発」の検討は続けつつも、「先進メーカーとの連携によるセカンド・ソース」路線の採用が必要であるとの意見を牧本次生を具申している。
牧本次生によれば、その理由は「社内でも独自の8ビット品についての検討が進んでいたが、インテル社の8080、モトローラ社の6800との比較検討では、性能的に勝ち目はなかった。その理由の一つはインテル、モトローラともにNMOSベースの製品を開発していたが、日立の製品はPMOSがベースになっていた。PMOS LSIの技術によって電卓で圧勝したことが却って裏目に出たといえるかもしれない。」という認識に基づくものであった。
 その中で1974年5月に訪米し、「WE、RCA、IBM、TI(ダラスとヒューストン)、モトローラ、フェアチャイルド、HAL(日立アメリカ)」などを訪問した結果などを踏まえ、「技術ベースの比較、あるいはマネジメントの視点での戦略シナリオ比較など、多くの議論」をした結果として、「8ビット・マイコンについては、オリジナル製品での勝ち目は難しい。インテルまたはモトローラとの提携が必要」ということが決まり、インテルとモトローラの交渉に臨んだが、セカンドソースの利用承諾をインテルからは得られず、モトローラと組むことになった。
 
MC6800関連資料
 

DEC関連のダウンロード可能資料

DEC(1972) PDP 11/40 Processor Handbook
https://pdos.csail.mit.edu/6.828/2005/readings/pdp11-40.pdf

DEC(1975) KB11-C Processor Manual(PDP-11/70)
http://skn.noip.me/pdp11/resources/EK-KB11C-TM-001_1170procMan.pdf

DEC(1976) PDP Peripherals Handbook
ftp://bitsavers.informatik.uni-stuttgart.de/pdf/dec/pdp11/handbooks/PDP11_PeripheralsHbk_1976.pdf

DEC(1975) LSI-11 PDP-11/03 Processor Handbook
http://www.classiccmp.org/cini/pdf/DEC/LSI-11%20PDP-11_03%20Processor%20Handbook%20(1975-76).pdf

本ハンドブック序文でGordon Bellは下記のように、LSI-11は、「伝統的産業の障壁を越えて、マイクロコンピュータのパッケージで、ミニコンの性能をユーザーに提供するものである」と書いている。
The LSI-11 (PDP11/03) is the smallest member of the PDP-11 family of computer systems. It offers the user minicomputer performance in a microcomputer package that crosses traditional industry barriers. Therefore, the user can truly add computer power in systems previously too small for computer application. Yet for our traditional user, the boxed version of the LSI-11, the PDP11/03, offers a completely integrated smaller systems tool at lower cost without sacrificing performance. The LSI-11 (PDP11/03) maintains:traditional PDP-11 architectural compatibility. This includes programs up to 64K bytes and the use of the (optional) floating instruction set (FIS) and extended instructi・on set (EIS).

DEC (1976) PDP 11/04 Systems Manual
http://bitsavers.informatik.uni-stuttgart.de/www.computer.museum.uq.edu.au/pdf/EK-11004-OP-001%20PDP-11-04%20System%20User’s%20Manual.pdf

DEC(1981) LSI-11 Systems Service Manual
http://bitsavers.informatik.uni-stuttgart.de/pdf/dec/pdp11/LSI-11_Systems_Service_Manual_Aug81.pdf
Pamela J. Kendrick (1982) THE EVOLUTION OF DEC’S PDP MINICOMPUTER ARCHITECTURE

Bell, G.(1975) “COMPUTER STRUCTURES: What we learned from the PDP-11?” ABSTRACT Gordon Bell, William Il. Strecker, November 8, 1975,pp.138-151
http://gordonbell.azurewebsites.net/Digital/Bell_Strecker_What_we%20_learned_fm_PDP-11c%207511.pdf
http://gordonbell.azurewebsites.net/CGB%20Files/Computer%20Structures,%20What%20Have%20We%20Learned%20from%20PDP11%207511%20c.pdf

DEC(1975) LSI-11, PDP-11/03 user’s manual
http://manx-docs.org/collections/antonio/dec/ek-lsi11-tm-003.pdf

McWILLIAMS,T. M., FULLER, S. H. and W. H. SHERWOOD “Using LSI processor bit-slices to build a PDP-11 : A case study in microcomputer design” National Computer Conference, 1977, pp.243-253
http://delivery.acm.org/10.1145/1500000/1499444/p243-mcwilliams.pdf
T. M. McWILLIAMS, S. H. FULLER and W. H. SHERWOOD
Carnegie-Mellon University
Pittsburgh, Pennsylvania
Hardware Systems Design, Digital Press

C. Gordon Bell, J. Craig Mudge, John E. Mcnamara(1978) Computer Engineering: A Dec View of Hardware Systems Design, Digital Press
http://bitsavers.trailing-edge.com/pdf/dec/_Books/Bell-ComputerEngineering.pdf

C. Gordon Bell, J. Craig Mudge (1978) “The Evolution of the PDP-11” p.379で、「PDP11は市場で成功している。1970-1977年という最初の8年間で5万台以上が売れた。」[The PDP-11 has been successful in the marketplace:over 50,000 were sold in the first eight years that it was on the market (1970-1977).]と記されている。

竹村昌浩(2007)「VAX開発への路を辿る(その1)~技術の温床、ルート128~」『計算工学』Vol.12 No.3
http://www.jsces.org/Issue/Journal/pdf/cb/coffeebreak_1203.pdf
竹村昌浩(2007)「VAX開発への路を辿る(その2)~正しいことはやれ~」『計算工学』Vol.12 No.4
http://www.jsces.org/Issue/Journal/pdf/cb/coffeebreak_1204.pdf
竹村昌浩(2008)「VAX開発への路を辿る(その3)~正しいことはやれ~」『計算工学』Vol.13 No.1
http://www.jsces.org/Issue/Journal/pdf/cb/coffeebreak_1301.pdf
竹村昌浩(2008)「VAX開発への路を辿る(その4)~正しいことはやれ~」『計算工学』Vol.13 No.2
http://www.jsces.org/Issue/Journal/pdf/cb/coffeebreak_1302.pdf

101 BASIC

Digital Equipment Corporation( 1975) 101 BASIC Computer Games, Digital Equipment Corporation, Maynard, Massachusetts, 249pp
http://bitsavers.trailing-edge.com/pdf/dec/_Books/101_BASIC_Computer_Games_Mar75.pdf
https://archive.org/details/bitsavers_decBooks10Mar75_26006648

Micral関連資料

Micral N(1973)
 
Micral S(1974)
CPU:Intel 8080
Réalisation d’Études Électroniques (1974) Micral S Microcomputer Handbook
https://ia601605.us.archive.org/15/items/bitsavers_r2eMICRALSokAug74_2516150/MICRAL_S_Microcomputer_Handbook_Aug74.pdf
p.2では、「システム設計における数年間の経験は、可能な限りモジュラー設計で標準化し、システムに容易に統合可能である基本ユニットを低コストで配置することの優位性をR2Eに示した。」(Several years of experience in system designing have shown R2E the advantage of disposing of a basic unite, at low cost which is standardized as much as possible with a modular design and easily integrated into systems)と書かれている。
またp.18によれば、input-output関係の命令を除き、Micral Sは、Micral Nのすべての命令に対応している。そのためMicral Sは、Micral N用に書かれたプログラムを動作させることができた。
 
Micral V(1978)
 

Microcomputing関連論文および資料

Mori. R. et al. (1978) Japanese microprocessors — 1978, Euromicro Newsletter , 5(3) , May 1979, pp.150–154
Ryoichi Mori、Morihiko Tajima, Yoshikuni Okada, Hiroaki Tajimaという4名による共著論文。

Faggin, F. ‎(2009) “The Making of the First Microprocessor: The Intel 4004 CPU-on-a-chip was developed under pressure on an extremely tight schedule – and it worked,” IEEE Solid-State Circuits Magazine, Winter 2009
http://ieeexplore.ieee.org/stamp/stamp.jsp?arnumber=4776530

Healey, M. (1980) “Microcomputing into the 80s,” 4(6), Microprocessors and Microsystems, pp.223-226
http://www.sciencedirect.com/science/journal/01419331/4/6
 
Ted Hofへのインタビュー
Grove, Andrew S.(1990) “The Future of the Computer Industry,” California Management Review, 33(1), pp.148-160.
Intelのマニュアルに見るMicrocomputer
 

Byte
https://archive.org/details/byte-magazine

 
 
 

COMPUTE. The PET Gazette with a New Name. The Journal for Progressive Computing., Issue 1, Fall 1979

WEB上のPC史関連のPDF資料

■通史的研究
 
 
 
■PC関連雑誌
 
 
 
 
microcomputer revolutionに関係する最初期の雑誌の一つ。1974年10月号が創刊号で、1985年12月まで出版された。
 
Radio Electronics
 
 
アメリカにおけるラジオおよびTVに関する多数の雑誌を収録しているサイト(”Five million pages of AM FM & TV Broadcasting history online”)であるが、ByteCreative Computing MagazineなどPC関連の雑誌も収録されている。
 
■マニュアルほか
vintchip.com “DOCUMENTS FROM THE COLLECTION”
 
1970年代後半期および1980年代おけるPC関連のデータベース、および、下記URLからパンフレット、広告、マニュアルなどの資料を見ることができる。