Intelの歴史関連資料

1.インテル・ミュージアム(日本語版)
2005年2月4日版
http://web.archive.org/web/20050204194400/http://www.intel.co.jp/jp/intel/museum/index.htm

インテルの歴史に関連する下記資料が収録されている。

「マイクロプロセッサの歴史」
 
「インテルの歩み」
 

インテルマイクロプロセッサ誕生25周年を記念して製作された、インテルの歴史的事項に関わる「著名人へのインタビュー(Interviews)」の日本語版や、「インタラクティブ・ヒストリー(http://www.intel.co.jp/jp/intel/museum/iwh/iwh_main.htm)は2002.10.20現在では残念なことに見ることができない。

このサイトは下記のようなデータから構成されている。

インテルの社史 Corporate Anniversary Brochures
下記のようなインテルの社史をダウンロードすることができる。
15年史 Intel(1988) A Revolution in Progress
20年史 Intel(1993) Intel: Architect of the Microcomputer Revolution
25年史 Intel(1998) Defining Intel: 25 Years / 25 Events
35年史 Intel(2003) Intel: 35 Years of Innovation

Gordon Moore、Robert Noyce、Ted Hoff、Groveらの写真、4004関連の様々な写真、ビジコンの計算機の写真などの歴史的文書をダウンロードすることができる。

1971年の4004から2003年のPentium M までのインテルの主要なマイクロプロセッサーに関する簡単な紹介。一部について大きな画像がある。

インテルのマイクロプロセッサーをファミリー別に分けて、クロック速度、発表日、トランジスタ数、キャッシュメモリ量、対応可能メモリ量、バス速度などの一覧をダウンロードすることができる。
発表日順のマイクロプロセッサー一覧は、http://www.intel.com/pressroom/kits/quickrefyr.htmでダウンロードすることができる。

ムーアの法則に関する様々な文書をダウンロードすることができる。

最初の製品 64-bit Bipolar RAM「3101」(1969年1月1日)からはじめて、 2005年6月27日の Intel Celeron D processor 351まで全部で102ページの一覧表になっている。各製品には簡単なコメントが付されている。

下記のように、インテル社の社員および幹部の証言を見ることができる。
Andy Grove
Ted Hoff
Gordon Moore(1983.10.17
2002.1.31
Robert Noyce(インテル時代Sematech時代

半導体技術関連資料


Schaller, Robert R. (2004) Technological Innovation in the Semiconductor Industry:A Case Study of the international Technology Roadmap for Semiconductors(ITRS),
A Dissertation Submitted to the Graduate Faculty of
George Mason University
http://corphist.computerhistory.org/corphist/documents/doc-487ecec0af0da.pdf

4K、 1M、4M DRAMの企業別市場シェア

4K、 1M、4M DRAMの企業別市場シェア
1975 1990 1992
4K DRAM 1M DRAM 4M DRAM
Intel 46% 東芝 22% Samsung 13%
Texas Instruments 25% Samsung 14% NEC 12%
Mostek 14% NEC 10% 日立 11%
NEC 4% 三菱 10% 東芝 11%
National 3% 日立 8% 富士通 9%

[出典] Gruber,H.(1998) “Learning by Doing and Spillovers: Further Evidence for the Semiconductor Industry.” Review of Industrial Organization, Vol.13, no.6

Mooreの法則関連資料

Moore,G.E.(1965) “Cramming More Components onto Integrated Circuits,” Electronics, Volume 38, Number 8, April 19, 1965
ftp://download.intel.com/museum/Moores_Law/Articles-press_Releases/
 
Moore,G.E.(1975) “Progress In Digital Integrated Electronics,”Technical Digest 1975. International Electron Devices Meeting, IEEE, 1975, pp. 11-13.
ftp://download.intel.com/museum/Moores_Law/Articles-press_Releases/Gordon_Moore_1965_Article.pdf

Moore,G.E.(1995) “Lithography and the Future of Moore’s Law,” Proc. SPIE, Vol. 2437, May 1995
ftp://download.intel.com/museum/Moores_Law/Articles-press_Releases/1995_SPIE_Speech.pdf

Intel (2004) “Intel Drives Moore’s Law Forward with 65 Nanometer Process Technology,” Santa Clara, California, August 30, 2004
ftp://download.intel.com/museum/Moores_Law/Articles-press_Releases/Press_Release_Aug2004.pdf

Intel (2005) “Innovation More Important Than Ever In Platform Era,” Intel Developer Forum, San Francisco,March 1, 2005
ftp://download.intel.com/museum/Moores_Law/Articles-press_Releases/Press_Release_Mar2005.pdf

DRAMの出荷数、単価などの歴史的推移1974-1988

DRAMの出荷数、単価などの歴史的推移1974-1988のデータ
DRAMの出荷数や平均価格の歴史的推移1974-1988に関する資料データがエクセル形式でhttp://phe.rockefeller.edu/LogletLab/DRAM/dram.xlsからダウンロードできる。

この資料を用いた論文Nadejda M. Victor and Jesse H. Ausubel(2002) “DRAMs as Model Organisms for Study of  Technological Evolution,” Technological Forecasting and Social Change, 69(3), pp.243-262もダウンロードできる。
http://phe.rockefeller.edu/LogletLab/DRAM/