CPUのマルチコア化

CPUの高性能化のための技術的手段

1. CPUが一度の動作で処理可能な情報量の増大(CPUのビット数の増大)
8ビットCPU→16ビットCPU→32ビットCPU→64ビットCPU

2. CPUが1秒間に実行可能な命令数の増大(CPUのMIPS値の増大)
a.動作周波数の増大
b.CPUのマルチコア化

参考文献:ギブズ, W.W.(日経サイエンス編集部訳, 2005)「マルチコアチップ-インテルの新戦略は成功するか」『日経サイエンス』2005年2月号, pp.98-102

x86アーキテクチャ関連

Cnet News(2003)「25周年を迎えた、インテルのx86アーキテクチャ」Cnet Japan, 2003/06/10 15:46
http://japan.cnet.com/news/ent/20055162/
http://news.com.com/2100-1006_3-1014744.html

Krazit,Tom(緒方亮;高森郁哉,2007)「30周年を控えるx86アーキテクチャ–「愛され続ける」その理由」Cnet Japan, 2007/04/12 17:46
http://japan.cnet.com/news/commentary/20346995/
http://japan.cnet.com/news/commentary/20346995/2/
http://japan.cnet.com/news/commentary/20346995/3/

Shankland, Stephen(河部恭紀訳, 2006)「インテル、次期Itaniumではx86ハードウェアサポートを搭載せず」Cnet Japan, 2006/01/20 11:55
http://japan.cnet.com/news/ent/20094826/
http://news.com.com/2100-1006_3-6028817.html

Cnet「インテル、64bitプロセッサ戦略を早くも軌道修正」Cnet Japan, 2003/04/24 22:22
http://japan.cnet.com/news/ent/20053929/