米国における1950-1962における大型計算機の基本システムの初期コスト

Approximate Cost of Computing Systems(Basic or Typical System)

Cost    System
1,000 PERK I II
1,000 PERK I II
6,000 IBM 632
9,650 MONROBOT IX
15,000 HRB SINGER
17,000 to 20,000 ITT BANK LN PROC
18,000 DE 60
19,195 SPEC
20,000 GEOTECH AUTOMATIC
20,000 MAGNEFILE B
22,500 ELECOM 50
24,500 MONROBOT XI
29,750 BURROUGHS E 101
29,750 BURROUGHS E 102
29,750 BURROUGHS E 103
36,000 IBM 609
40,500 PACKARD BELL 250
45,000 DISTRIBUTAPE
49,500 BENDIX G 15
49,500 LPG 30
50,000 ALWAC II
50,000 HAMPSHIRE CCC 500
50,000 MAGNEPILE D
50,000 TRICE
50,000 to 100,000 HAMPSHIRE TRTDS 932
55,000 BENDIX D 12
55,000 IBM 610
56,300 NATIONAL 390
60,000 CDC 160
60,000 ELECOM 100
64,000 IBM 1620
65,000 NATIONAL 102 D
70,000 NATIONAL 102 A
70,000 READIX
75,000 IBM CPC
75,000 UNIVAC 60
76,950 ALWAC III E
80,000 AN/MJQ 1 REDSTONE
80,000 CIRCLE
82,500 NATIONAL 315
84,500 LIBRATROL 500
85,000 MINIAC II
85,000 MODAC 5014
85,200 GENERAL ELECTRIC 312
86,074 MONROBOT V
87,500 RPC 4OOO
95,000 RECOMP II
97,000 ELECOM 120
97,500 UNIVAC 120
98,000 RW 300
100,000 MODAC 404
100,000 PENNSTAC
110,000 PROGRAMMED DATA PROCESSOR
120,000 MODAC 410
120,000 RPC 9000
125,600 IBM 1401
127,000 FOSDIC
141,980 GENERAL MILLS AD/ECS
150,000 MODAC 414
155,000 ELECOM 125 125FP
160,000 BURROUGHS D 204
167,850 IBM 305 RAMAC
170,000 HOHEYWELL 290
175,000 UNIVAC STEP
182,000 IBM 65O RAMAC TAPES
185,000 OARAC
196,000 RCA 301
200,000 BURROUGHS 204
200,000 BURROUGHS 205
200,000 GENERAL ELECTRIC 225
200,000 RASTAC
200,000 RASTAD
225,000 GENERAL ELECTRIC 210
225,000 NUMERICORD
230,000 IBM 701
250,000 MANIAC I
257,000 RCA 501
300,000 ILLIAC
300,000 TELEREGISTER MAGNET INVENT CONT
300,000 UNIVAC FILE 1
300,000 UNIVAC FILE 0
320,000 BURROUGHS 220
347,500 UNIVAC SOLID STATE 8O/9O
350,000 MANIAC II
350,000 UNIVERSAL DATA TRANS
354,000 LOGISTICS
358,000 IBM 702
366,600 NATIONAL 304
400,000 RICE UNIVERSITY
400,000 SWAC
467,000 EDVAC
478,000 BENDIX G 20
500,000 AN/TYK 6V BASICPAC
500,000 GEORGE
500,000 UDEC I II III
500,000 (Donated) UNIVAC 1101
600,000 MERLIN
600,000 BORDEN VOTE TALLY
600,000 ORDVAC
700,000 UNIVAC III
750,000 CDC 1604
750,000 UNIVAC I
800,000 AF/CRC
813,250 IBM 7070
839,700 RCA 601
895,000 UNIVAC 1103 1103A
970,000 UNIVAC II
975,000 HONEYWELL 800
1,000,000 ITT SPES 025
1,000,000 LINCOLN CG 24
1,000,000 NATIONAL 107
1,284,350 IBM 7074
1,400,000 UNIVAC 1102
1,500,000 NAREC
1,500,000 UNIVAC 490
1,600,000 PHILCO CXPQ
1,640,000 IBM 705 I I1
1,800,000 to 2,700,000 UNIVAC 1107
1,932,000 UNIVAC 1105
1,994,000 (Excluding Discount) IBM 704
2,000,000 BRLESC
2,179,100 DATAMATIC 1000
2,200,000 IBM 7080
2,500,000 NORC
2,650,000 IBM 709
2,898,000 IBM 7090
4,500,000 BIZMAC I
6,000,000 UNIVAC LARC

[出典]Weik, Martin H. (1961) A third survey of domestic electronic digital computing systems. Ballistic Research Laboratories Report No. 1115, Department of the Army Project No.5B03-06-002, Ordnance Management Structure Code No.5010.11.812, Aberdeen Proving Ground, Maryland, pp.1081-1082

米国における大型計算機の稼働時期(年代順)

Chronological Order of Initial Date of Operation of Computing Systems

最初の稼働時期(Initial Date of Operation)    コンピュータ・システム名称(System)
May 1950 SEAC
1950 WHIRLWIND II
Mar 1951 SWAC
Mar 1951 UNIVAC I
1951 EDVAC
Mar 1952 MANIAC I
Mar 1952 ORDVAC
Sep 1952 ILLIAC
1952 ELECOM 100
Mar 1955 LOGISTICS
Apr 1955 QARAC
May 1953 IBM 701
Aug 1953 MAGNEFILE D
Aug 1953 UNIVAC 1103 1103 A
Dec 1953 UDEC I II III
1953 IBM 604
1953 NATIONAL 102 A
Feb 1954 MAGNEFILE B
Mar 1954 JOHNNIAC
Apr 1954 DYSEAC
Jun 1954 ALWAC II
Jun 1954 CIRCLE
Jul 1954 MODAC 5011*
Sep 1954 MODAC 1*04
1954 BENDIX D 12
1954 BURROUGHS 204
1954 BURROUGHS 205
1954 IBM 650 RAMAC TAPES
1954 LGP 30
1954 WISC
Feb 1955 IBM 702
Feb 1955 MONROBOT III
Feb 1955 NORC
Mar 1955 MINIAC II
Mar 1955 MONROBOT V
Aug 1955 UNIVAC 1101
Nov 1955 BIZMAC I
1955 ALWAC III E
1955 BURROUGHS E 101
1955 IBM 705 I II
1955 MODAC 410
1955 PENNSTAC
1955 UNIVAC 60
1955 UNIVAC 120
1955 UNIVAC 1102
Feb 1956 READLX
Apr 1956 AF/CRC
Apr 1956 IBM 704
Oct 1956 MODAC 414
1956 BENDIX G 15
1956 BIZMAC II
1956 ELECOM 50
1956 ELECOM 120
1956 ELECOM 125 125FP
1956 IBM 608
1956 LEPRECHAUN
1956 MONROBOT MU
1956 NAREC
1956 PHILCO 1000
1956 RECOMP I CP 266
1956 TELEREGISTER MAGNET INVENT CONT
Sep 1957 GEORGE
Sep 1957 UNIVAC FILE 0
Nov 1957 AN/FSQ 7 AN/FSQ 8 (SAGE)
1957 IBM 709
1957 LINCOLN TX 0
1957 MANIAC II
1957 PHILCO 2000
May 1958 UNIVAC II
Sep 1958 AN/MJQ 1 REDSTONE
1958 IBM 610
1958 LINCOLN TX 2
1958 WRU SEARCHING SELECTOR
Jan 1959 RCA 501
Feb 1959 BURROUGHS 220
Feb 1959 UNIVAC 1105
Jul 1959 GE 100 ERMA
Sep 1959 FOSDIC
Nov 1959 NATIONAL 304
1959 AN/TYK 6v BASICPAC
1959 GENERAL ELECTRIC 210
1959 LIBRASCOPE AIR TRAFFIC
1959 LIBRASCOPE ASN 24
1959 RASTAD
1959 RFC 9000
1959 BW JOO
1959 TRICE
1959 UNIVAC SOLID STATE 80/90
Jan 1960 CDC 1604
Jan 1960 HUGHES BM GUIDANCE
Jan 1960 UNIVERSAL DATA TRANS
Apr 1960 SYLVANIA UDOFTT
Apr 1960 UNIVAC LARC
Aug 1960 BENDDC CUBIC TRACKER
Oct 1960 BURROUGHS D 209
1960 AMOS IV
1960 AN/USQ 20
1960 CUBIC AIR TRAFFIC
1960 CUBIC TRACKER
1960 DIANA
1960 FADAC
1960 GENERAL ELECTRIC 225
1960 GENERAL MILLS APSAC
1960 GENERAL MILLS AD/ECS
1960 GENERAL ELECTRIC 312
1960 HAMPSHIRE TRTDS 9J2
1960 HRB SINGER
1960 HONEYWELL SCO
1960 HUGHES DIGITAIR
1960 INTELEX AIRLINE RESERVATION
1960 IBM 1401
1960 IBM 1410
1960 IBM 7070
1960 IBM 7080
1960 IBM 7090
1960 IBM STRETCH
1960 LEEDS NORTHROP 3000
1960 LIBRASCOPE MK 130
1960 LIBRASCOPE 407
1960 LIBRATROL 1000
1960 LITTON DATA ASSESSOR
1960 MANIAC III
1960 MERLIN
1960 MOBIDIC A
1960 MOBIDIC B
1960 MOBIDIC C D & 7A
1960 NATIONAL 315
1960 NATIONAL 390
1960 NORDEN VOTE TALLY
1960 ORACLE
1960 PACKARD BELL 250
1960 PERK I II
1960 PHILCO 3000
1960 PROGRAMMED DATA PROCESSOR
1960 RCA 200
1960 RCA 300
1960 RFC 4000
1960 RASTAC
1960 RW 400
1960 REPAC
1960 SCRIBE
1960 SPEC
1960 STORED PROGRAM DBA
1960 SYLVANIA S 9400
1960 TARGET INTERCEPT
1960 UNIVAC III
1960 UNIVAC STEP
1960 WESTINGHOUSE AIRBORNE
Apr 1961 BRLESC
Jul 1961 RCA 601
Kov 1961 UNIVAC 490
1961 AN/TYK 7v INFORMER
1961 IBM 7074
1961 ITT BANK LN PROC
1961 ITT SPES 025
1961 OKLAHOMA UNIV
1961 RCA 110
1961 RICE UNIVERSITY
1962 UNIVAC 1107

[出典]Weik, Martin H. (1961) A third survey of domestic electronic digital computing systems. Ballistic Research Laboratories Report No. 1115, Department of the Army Project No.5B03-06-002, Ordnance Management Structure Code No.5010.11.812, Aberdeen Proving Ground, Maryland, pp.1083-1084

101 BASIC

Digital Equipment Corporation( 1975) 101 BASIC Computer Games, Digital Equipment Corporation, Maynard, Massachusetts, 249pp
http://bitsavers.trailing-edge.com/pdf/dec/_Books/101_BASIC_Computer_Games_Mar75.pdf
https://archive.org/details/bitsavers_decBooks10Mar75_26006648

PCの技術論的位置 —- ダウンサイジング論批判

大きさ、利用形態、処理業務によるコンピュータの分類
— Mainframe Computer, Minicomputer, Personal Workstation, Personal Computerの区別と連関の技術論的根拠 —
各種ソフトウェアおよび各種周辺機器の利用によって各種の情報処理が可能なコンピュータ製品は、その製品の大きさ、利用形態、処理業務に応じて表1のように分類できる。
 
表1 1970年代中頃におけるコンピュータ製品の分類
 
大きさを基本とした
分類名
購入
主体
利用主体および利用形態 処理用途 対応製品セグメント 市場形成
時期
Room-sized computer
(large scale computer)
企業 会社
Central computing
全社的情報処理業務
(基幹業務処理)
メインフレーム 1950年代
Minicomputer 部門
Departmental computing

部門的情報処理業務
 
ミニコンピュータ 1960年代
--- 個人
Personal computing
個人的情報処理業務 パーソナル・ワークステーション 1970年代
Microcomputer 個人 個人的情報ホビー作業 パーソナル・コンピュータ
 
 
ダウンサイジング論
1970年代中頃のアメリカでPCは、PDP-10などのミニコンピュータ(minicomputer、以下、ミニコンと略)よりもさらに小さいということで、マイクロコンピュータ(microcomputer)と一般に呼ばれていた。
そうした歴史的経緯もあり、ミニコンからPCへの製品イノベーションは、ダウンサイジングという視点で理解されることが多い。すなわち、「メインフレームなどの大型計算機からミニコンへというダウンサイジングを主目標とする技術の歴史的発展動向に沿って開発された製品である」とされることが多い。

例えば、山田昭彦(2014)は、「汎用コンピュータからミニコンピュータの発展の流れの中で、マイクロプロセッサの出現がトリガーになって[PCが]誕生した」(p.219,[]内は引用者に夜補足)とし、技術的契機としてマイクロプロセッサを取り上げながらも、基本的にはダウンサイジングの流れの中にPCを位置づけている。
Campbell-Kellyほか(2015) も下記のように、ミニコン、PC、スマートフォンすべてを「コンピュータ・プラットフォームの不断のミニチュア化」(the unstoppable miniaturization of computer platforms)として位置づけている。

One major theme in the development of the computer industry is the unstoppable miniaturization of computer platforms, a trend driven primarily by technological change in the field of electronics. The early mainframes were massive machines typically housed in dedicated spaces with powerful air-conditioning equipment. The first step toward making computers more compact came with the introduction of minicomputers and small business computers in the 1970s. Another step came with the dawn of the personal computer in the 1980s. In recent years further miniaturization has resulted in the proliferation of smartphones, which arc in essence general-purpose computers with telephone capabilities.(Campbell-Kellyほか,2015, pp.2-3)
 
 この問題について拙稿の佐野正博(2010)もまた、コンピュータのダウンサイジング化の第2段階としてPC製品を位置づけていた。PCとパーソナル・ワークステーションの製品市場セグメントの区別を無視し、パーソナル・ワークステーション製品を「ヒットしなかったPC製品」として位置づけるかのような発想法に立っていた点で極めて不適切であった。
 
関連文献
 
ダウンサイジング論批判
しかし物理的な大きさや重量に関するダウンサイジングといった社会的ニーズに対する技術的対応そのものは1970年代前半にはすでになされていたし、一定の社会的普及があった。ミニコンからPCへという製品イノベーションの画期的かつ根本的な特徴は、物理的な意味におけるダウンサイジングにはない。

 

 表2のように、大きさや重量という視点だけから見れば、日立のHITAC10 (1969)、NECのNEAC-M4(1969)、などPCとほぼ同等な製品がPC登場以前に存在していた。それらの製品の大きさは、現代のタワー型デスクトップPCとほぼ同じである。NEAC-M4やIBM5100は重量もほぼ同じである。
MITSとほぼ同時期に登場したIBMのIBM 5100 Portable Computer (1975)のサイズ・重量もPCと現代のタワー型デスクトップPCとほぼ同じである。

 
表2 PC登場以前の小型のコンピュータ
 
  外形寸法(単位:cm) 重量
日立HITAC-10 44.5×30.0×54.7 40kg
NEC NEAC-M4 48.3×24.2×66.1 22kg
IBM 5100 44.4×20.3×61.0 23kg

[数値の出典] 内田頼利、高橋昇、諏訪重敏(1969)「超小型電子計算機HITAC10」『日立評論』1969年11月号, p.23、内山政人、佐々木毅(1970)「日本電気のNEAC-M4」『電子科学』1970年1月号(特集:ミニ・コンピュータ総まくり), p.23、日本アイ・ビー・エム(1975)「IBM5100ポータブル・コンピュータ 誕生」『日本経済新聞』1976年5月17日朝刊の一面広告。IBM 5100の外形寸法は、インチ表示をもとにcm換算した数値。
 
「ミニコンの登場は、メインフレームのダウンサイジングを目的としたものではなく、技術者のトレーニングを目的としたものであった」とする説
渡部弘之(1973)は、「小型計算機、すなわちミニコンピュータは大型機の[半導体の大規模集積化という]集約の結果生まれたというよりも、最初は大型計算機の構成(しくみ)を学ぶ(トレーニング)という目的でスタートした論理回路の学習機、シーケンスコントロールのモデル機より入ってきた分野といえる」(p.13。[]内のみ引用者の補足)

渡部弘之(1973)「マイクロコンピュータの可能性を探る」『電子科学』1973年10月号, pp.13-20