1970年代後半期におけるマイクロプロセッサー利用状況 —  ホームブリュー・コンピューター・クラブの会員が利用していたコンピュータのCPUの種別

1970年代後半期におけるマイクロプロセッサー利用状況 —  ホームブリュー・コンピューター・クラブの会員が利用していたコンピュータのCPUの種別

    下記の表に示したように1975年および1976年にホームブリュー・コンピューター・クラブの会員を対象としたアンケート調査では、8008,8080,Z80というインテル系8bitCPUの利用数が30(79%),44(63%),63(62%)というように過半数を超えていることがわかる。一方、6800,650xというモトローラ系8bitCPUの利用者数は、4(11%)、16(23%),30(30%)というように着実に割合を増やしているが、少数派となっている。
    また1976年1月7日と1976年6月9日の調査結果を比較すると、1月7日に制作中と答えた28のほとんどがインテル系8bitCPUを選択したのではないかと推測される。

      1975/
    10/15
    1976/
    1/7
    1976/
    6/9
    Intel 4004   1 1
    Intel 8008 5 7 8
    Intel 8080 25 37 53
    Motorola 6800 2 9 12
    MOS Technology 650x 2 7 18
    Zilog Z-80     2
    DEC PDP-8     4
    DEC PDP-11/20     1
    DEC LSI-11     3
    その他 4 9 1
    合計 38 71 103
    製作中   28  

    [出典]Warren, J.(1977) “Personal and Hobby Computing: an Overview,” Computer, Volume: 10 , Issue: 3, p.14
    <表のデータに関する注>1976/6/9の合計値は上記論文では101となっているが、各CPU別の値を合計した数値である103に訂正した。またホームブリュー・コンピューター・クラブでは、インテル系CPUが全体の過半数を超える割合を占めているが、Mos Technologyの事務所からさほど遠くはない場所にあったNew Jerseyの Amateur Computer Group ではMOS Technology 6502が支配的(dominant)であった(同上論文,p.14) 。

コメント

コメントを受け付けておりません。