マイクロプロセッサー市場に関するFagginの予測

Fagginは、1984年のインタビューにおいて開発時におけるマイクロプロセッサーの販売予測量を聞かれて、「1972年時点では1980年に1000万個程度と考えていたが、実際には1億個に近かった。ただし購入したのは、伝統的なコンピュータ企業ではなかった。最初の[マイクロプロセッサーを実際に購入した]イノベーターは、エレクトロニクス関係企業というコンピュータ産業の外部者であった。」(Q. Did the way the microprocessor market evolved surprise you?/ Yes and no. There was no question that the microprocessor would create a revolution. If someone asked me in 1972 how many microprocessors would be sold in 1980, I would have guessed in the 10 million range. The number was closer to 100 million./ I also expected that traditional computer companies would turn to the microprocessor. Yet they resisted, and early innovators came from outside the industry — people who were turning to electronics for the first time./ The same phenomenon occurred with microcomputers.)と述べている。
[出典]Faggin, Federico(1984) “Interview : Federico Faggin,” Computerworld, July 30 1984,p.6

コメント

コメントを受け付けておりません。