x86アーキテクチャのCPUの市場シェア関連資料

Albrecht, D. (2005) “AMD v. Intel: American Antitrust Law in the 21st Century” Engineering Law
2005年のAMDのIntelに対する訴訟(the 2005 AMD lawsuit against Intel)を取り扱ったもの

p.9 — 「過去数年間、Intelの売上高シェアは90%以上であり、AMDのシェアは約9%に留まっている。また最近8年間の内の7年間はx86マイクロプロセッサーの売上個数シェアはIntelが少なくとも80%を確保している。」
Point 25 in AMD‟s brief explains that “According to published reports, over the past several years it [Intel] has consistently achieved more than a 90% market share as measured by revenue, while AMD‟s share has remained at approximately 9%…Intel has captured at least 80% of x86 microprocessor unit sales in seven of the last eight years.”[注94] Per American Tobacco Co. v. Unites States, 80% market share constitutes monopoly.95 The 90% revenue figure also reveals a strong grip on the market, although the tests set forth in United States v. du Pont Co. and United States v. Aluminum Co. of America do not comment on the appropriateness of measuring market share by revenue versus of units shipped. In either case, it is hard to deny that Intel‟s 80% or more share of the x86 processor market is monopolistic in character. AMD‟s brief did not specify the sources of their market data, but the factual nature of AMD‟s monopoly claim combined with the well-settled tests for monopoly will be easy to confirm or deny after a thorough discovery process.

[注94]
Black, Henry Campbell, M.A., with Nolan, Joseph R., Associate Justice, Massachusetts Supreme Judicial Court, and Nolan-Haley, Jacqueline M., Associate Clinical Professor, Fordham University School of Law. Black‟s Law Dictionary. Abridged Sixth Edition. West Publishing Company, 1991,p.10

IBM5100のCPU – IBM PALM processor (Put All Logic in Microcode)

IBM5100(1975)はIBMのデスクトップコンピュータであり、そのCPUがPALMプロセッサである。PALMプロセッサはIBM5110(1978),IBM5120(1980)でも用いられている。

PALMプロセッサは1チップのCPUではなく、複数のICから構成されているカード型CPU(single-card microprocessor)である。すなわち、13個の正方形のICチップ(バイポーラゲートアレイ)、3個のTTL(Transistor-Transistor-Logic,バイポーラトランジスタ)、1個のround metal canから構成されている回路板(circuit board)である。

Roberson(1976)によれば、PALMプロセッサのマイクロ命令(microinstruction)は16ビット長で、パリティ用に追加の2ビットを持っている。64KBのメモリ空間

IBMはPALMプロセッサをmicroprocessorと呼んでいるが、これはmicrocodeを利用したマイクロプラグラム方式のプロセッサーという意味である。

カラー写真は下記にある。
http://www.classiccmp.org/dunfield/ibm5100/h/card5100.jpg

またPALMプロセッサに関する解説としては下記がある。
http://en.wikipedia.org/wiki/IBM_PALM_processor

IBM5100に関する解説およびPALMプロセッサのモノクロ写真は下記論文にある
Roberson,Dennis A. (1976) “A Microprocessor-Based Portable Computer: The IBM 5100”
 Proceedings of the IEEE, VOL. 64, NO. 6, JUNE 1976,pp.994-

マイクロプロセッサー関連資料 - 売上高シェア1977,1981,1890,1995

Market shares in microprocessorspercent of sales in US dollars.

米国ドル換算によるマイクロプロセッサー市場の売上高シェア1977,1981,1890,1995
         
Firms 8bit 16bit 32bit 32/64bit
(1977) (1981) (1990) (1995)
Intel 65% 70% 60% 77%
Motorola N/A 20% 21% 5%
AMD 1% 7%
Cyrix/IBM 5%
Other 10% 18% 6%
[出典] Gruber, H. (2000) “The evolution of market structure in semiconductors: the role of product standards,” Research Policy,29, p.735
[原出所] ICE

 

Market shares of generations in microprocessors and microcontrollers in 1987 and 1996percent of sales value in US dollars.

米国ドル換算によるマイクロプロセッサーおよびマイクロコントローラー市場の売上高シェア
         
  1987 1996
  Microprocessors Microcontrollers Microprocessors Microcontrollers
4-bit 0 28 0 15
8-bit 31 67 1 61
16-bit 44 5 2 24
32-bit 25   97  
Total 100 100 100 100
Microprocessors 1996の32bitの中には64-bit microprocessorsにも含まれている。
[出典]Gruber, H. (2000) “The evolution of market structure in semiconductors: the role of product standards,” Research Policy,29, p.737
[原出所]ICE

Intel 4004

Intel 4004関連論文
■学術的記事
Faggin, F., and M. Hoff (1972) “Standard Parts arid Custom Design Merge in Four-Chip Processor Kit,” Electronics, Apr. 24, 1972, pp. 112 116.
本資料では4004のターゲットが、速度が主要なファクターではない製品領域で、コスト及びサイズの最小化を図る新しい応用にあることが記されている(This set of components is not designed to compete with the minicomputer, but rather to extend the concept of the dedicated computer into new applications where the minimization of cost and size are very important, but where speed is not a major factor.)
 
本資料のpp.18-19でFagginは、「インテルが4004の設計のためにFagginを雇う2,3週間前に、Hal FeeneyがCTCの8ビットマイクロプロセッサの仕事のためにインテルに加わっていた。FeeneyはMazorやCTCと一緒に、[8ビットマイクロプロセッサ]チップのspecificationを完成させ、CTCのアーキテクチャをsiliconにimplementationするために必要な修正を行う仕事に携わった。」ことを挙げて、インテルが8008が最初のマイクロプロセッサになる可能性があった、としている。
 しかし実際には、CTCの財政上の問題でCTCのプロジェクトはすぐに「休眠」(dormant)状態となり、Feeneyは別なプロジェクトに回されたため、4004に先を越された、としている。
 なお1971年1月に同プロジェクトが再開された時には、4004の開発経験で培われたa proven design methodologyが8008の開発に役立った、とされている。(The designers’ recent experience with the 4004 provided a proven design methodology that paved the way for the 8008. )
 Feeneyが8008の詳細設計をおこない、1972年3月に動作するチップができた、とされている。
 

Faggin, F. ‎(2009) “The Making of the First Microprocessor: The Intel 4004 CPU-on-a-chip was developed under pressure on an extremely tight schedule – and it worked,” IEEE Solid-State Circuits Magazine, Winter 2009
http://ieeexplore.ieee.org/stamp/stamp.jsp?arnumber=4776530

 
「LSIデバイスの低コスト化のためには、初期コストを無視できるようにするほどの大量生産が必要である。初期コストとしては、設計作業、バグ取り作業、動作テスト作業、新製品に対する学習曲線などが含まれる」(To obtain low cost LSI devices, production must reach sufficient volumes to make the start-up costs insignificant. These start-up costs include design and debugging, generation of test procedures, paperwork for production control, and the manufacturer’s learning curve for a new product.)
 
■雑誌記事
 
Intel 4004 – 35th Anniversary Project
 

← 前のページ